exhibition

藤井健仁/TAKEHITO FUJII

New Personification

STILL LIFE

2017.12.09 sat. - 12.27 Wed.

13:00〜18:00(金土19時まで) 期間中無休

この度、LAD Galleryでは藤井健仁個展「New Personification/ Still Life 」を開催致します。
90年代より鉄による制作を継続してきた藤井は、鉄が近現代に生み出した「富、権力、暴力」を表象する著名人の相貌を鉄の面に置換する「彫刻刑 鉄面皮」と人形制作を範とし、鉄によって少女やネコなどを形作る「New Personification」という二種のシリーズを擁しています。

斬首刑を思わせる設えのダークかつハードな趣を持つ「彫刻刑 鉄面皮」と比べますと本展にて展観される「New Personification」はそれとは対照的な、いわば藤井のサニーサイドであるかの様にも見受けられますが、稚気湛える少女らを象る刀剣の如き鉄剥き出しのディティールは、そのアンバランスさにより「彫刻刑 鉄面皮」以上に不穏さを滲ませます。

藤井は敢えて自作を「人形」と称していますが、それは近代的自我によって創られるアカデミックな彫刻に対するカウンター、感情吐露も厭わないナイーブかつプリミティブなオブジェとしての「人形」という意味に留まるものではありません。
「彫刻」よりも遥かに以前から、比較にならない程数多く造られててきた「人形」のルーツでもあり、現在では民俗学的資料とも呼ばれる神像呪物は前近代、共同体の中心に座にありました。けれども「鉄の時代」となり産業革命以降、共同体の中心は経済及び科学に入れ替わることになります。こうした経緯の中では「人形」と「鉄」は世界の中心の座を巡って、過去と未来、駆逐されたものとしたもの、それぞれ双方に相容れない対極的要素である事を藤井は留意しています。
こうした遠大な交代劇を一身に宿す藤井の鉄人形はそれを図示的に表現するでもなく、記号による連想に誘うでもなく、只「人形」と「鉄」の二項によってもたらされる一つの質の生成に向かいます。それは錬金術でいうところのルベドの如くに二項の結合が完結した物体として提示することであり、そのクオリティ次第によっては、それが由来する未明な領域は信憑しうる確度を獲得して行くことになります。鉄との格闘とも言える膨大な作業はその確度の為に捧げられているものです。
ハードな設定とキュートなスタイルを併せ持ちながらも「考えさせる」のではなくあくまで質に基づく直観に信頼を置く藤井芸術の現在をご高覧下さい。

LAD GALLERY is pleased to announce the opening of "New Personification/ Still Life," the solo exhibition of works by Takehito Fujii.

The sculptor Fujii has been continuing his work using iron since 1990s. He has two different series of creation; one of them is the series titled as "Sculptural Punishment - Iron Masks" that represents the expressions of celebrities whose images may recall "wealth, power, and violence" those which has produced by the material iron in the modern society. Another one titled "New Personification" is the series referring to doll production, forming girls and cats with iron.

"New Personification" shown at this exhibition is said to be the sunny side of Fujii 's work compared with the series of "Sculptural Punishment - Iron Masks" which has a dark and hard mood that reminds Decapitation, however the details using the bare sword-like iron for modelling childish girls reminds more fearfulness by its imbalance of the images.

Fujii dares to call his own work as "doll", as it is a counterblow for academic sculpture created by modern ego. Moreover, it does not mean in the meaning of "doll" as a naive and primitive object to get indulged into emotional things.

It is a root of "dolls" that have been made too many and far before the present "sculpture", and at the present, the god image curse, also called folklore material, has been in the center of the community in the pre-modern era. However, since the Industrial Revolution, which became the "era of iron", the center of the community has been replaced with economics and science. In these circumstances, Fujii pays his attention to the fact that"dolls" and "iron" have a counter electrode element which is incompatible with both of the past and the future, the one who expelled and the one which was being expelled from the center of the world.

Fujii's iron doll, who has such extensive replacement drama in his or her own, neither expresses it graphically, nor invites any associations by symbols, Fujii only faces to both "doll" and "iron"as to face the generation of one quality brought by.It is to represent it as an object whose binomial connection is completed as in Luvedo in alchemy, depending on its quality; the unknown region from which it derives will acquire the credibility. His enormous work that can be said as fighting with iron is dedicated to that accuracy.

Please see and enjoy the Fujii's artwork which put trust in the intuition based on its quality on what you see, not to consider the meaning of the work which made both hard setting and cute style combined.





藤井健仁/Takehito Fujii

1967 愛知県名古屋市 生まれ
1990 日本大学芸術学部 卒


個展

2017 「VOLTA NY/YOD Gallery」(New York ,USA)
2016 「New Personification 鋼鉄のグランギニョール」、YOD Gallery(大阪)
2016 「New Personification Vol.5 GIRLSLIFESMITH」、日本橋高島屋美術画廊X、東京
2012 「New Personification Vol.4 私たちのどこまでが鉄ではないのか」unseal contemporary(東京)
2009 「Double Irony」Gallery M contemporary art(愛知)
2008 「鉄面皮 Extended」ストライプハウスギャラリー(東京)
2007 「New Personification Vol.3 人形の融点」ストライプハウスギャラリー(東京)
2005 「New Personification Vol.2 PSEUDO METAL BOSSA」ストライプハウスギャラリー(東京)
2004 「彫刻刑 鉄面皮」ストライプハウスギャラリー(東京)
2003 「New Personification」ストライプハウスギャラリー(東京)
2002 「Exculpture」Gallery APA(名古屋)
2002 「Exculpture」PORT des ART(東京)
2001 「Exculpture」Gallery APA(名古屋)
2001 「個展」アートコレクション中野(名古屋)
1996 「小品展」Gean art space(埼玉)
1992 「個展」愛宕山画廊(東京)


主なグループ展

2015 「像形人間」みうらじろうギャラリー(東京)
2015 「現在幽霊画展」TAV GALLERY(東京)
2014 「TARO賞の作家 Ⅱ」川崎市岡本太郎美術館(川崎)
2013 「SUMMER SHOW 2013」日本橋高島屋美術画廊X/新宿高島屋美術画廊(東京)
2013 「溶ける魚 つづきの現実」京都精華大学ギャラリーフロール/Gallery PARC(京都)
2011 「激凸展」unseal contemporary(東京)
2007 「City_net Asia 2007」ソウル市立美術館(韓国)
2005 「第8回岡本太郎記念現代芸術大賞展」川崎市岡本太郎美術館(川崎)
2004 「第7回岡本太郎記念現代芸術大賞展」川崎市岡本太郎美術館(川崎)
2002 「KOREA MASS/JAPANESE FIGURE」MOK AM MUSEUM(韓国)
1999 「新世紀人形展」ストライプハウス美術館(東京)
1998 「WORK'S 98」横浜市民ギャラリー(以降1999、2000年参加)(横浜)


受賞歴

2008 平成19年度 愛知県芸術文化選奨 新人賞
2005 第8回岡本太郎記念現代芸術大賞 準大賞 川崎市岡本太郎美術館
1999 新世紀人形展 日向あき子賞 ストライプハウス美術館(東京)
1990 日本大学芸術学部 学部賞

Takehito Fujii

1967 Born in Nagoya, Japan

Education
1990 MFA, Nihon University College of Art


Solo Exhibition

2017 VOLTA NY/YOD Gallery,New York ,USA
2016 [New Personification Grand Guignol en Acier] YOD Gallery, Osaka
2016 [New Personification Vol.5 GIRLSLIFESMITH] Takashimaya Nihonbashi Department Store, Art Gallery X, Tokyo
2012 [New Personification Vol.4 To what extent are we not iron?]unseal contemporary, Tokyo
2009 [Double Irony] Gallery M contemporary art, Aichi
2008 [Sculpture punishment-Extended] Striped House Gallery, Tokyo
2007 [New Personification Vol.3 Dolls at the Melting point] Striped House Gallery, Tokyo
2005 [New Personification Vol.2 PSEUDO METAL BOSSA] Striped House Gallery, Tokyo
2004 [Sculpture punishment] Striped House Gallery, Tokyo
2003 [New Personification] Striped House Gallery, Tokyo
2002 [Exculpture] Gallery APA, Nagoya
2002 [Exculpture] Gallery PORT des ART, Tokyo
2001 [Exculpture]Gallery APA, Nagoya
2001 Gallery Art Collection Nakano, Nagoya 1996 Gean art space, Saitama
1992 Atagoyama Gallery, Tokyo


Group Exhibition

2015 [for humans] JIRO MIURA GALLERY, Tokyo
2015 [Current ghost image exhibition]TAV GALLERY, Tokyo
2014 [The Artists of the Taro Award II] Taro Okamoto Museum of Art, Kawasaki, Kanagawa
2013 [SUMMER SHOW ]2013, Nihombashi Takashimaya art gallery X; Shinjuku Takashimaya art gallery, Tokyo
2013 [Soluble Fish Continued Realities]Kyoto Seika University Gallery FLEUR; Gallery PARC, Kyoto
2011 [GekiTotsu-Ten] unseal contemporary, Tokyo
2007 [City_net Asia 2007] Seoul municipal museum, South Korea
2005 [The 8th exhibition of the Taro Okamoto memorial award for contemporary art] Taro Okamoto museum of art, Kawasaki, Kawasaki
2004 [The 7th exhibition of the Taro Okamoto memorial award for contemporary art] Taro Okamoto museum of art, Kawasaki, Kawasaki
2003 [KOREA MASS/ JAPANESE FIGURE] MOK AM museum, South Korea
1999 [New century doll exhibition] Striped House Museum of Art, Tokyo
1997 [Work's 98] Yokohama Civic Art Gallery (Participation 99, 2000 at the following), Yokohama


Awards

2008 Rookie of the year award, Aichi Prefecture art culture recommending award
2005 Semi-grand prize, The 8th Taro Okamoto memorial award for contemporary art (no pertinent person of the grand prize)
1999 Akiko Hyuga award, New Century Doll exhibition
1990 Faculty award, Nihon University College of Art

information

2017.07.07~07.09 ART OSAKA(room No.6297)に出展します。


2017.05.17~05.22 名古屋松坂屋南館1Fオルガン広場にて開催の"THE Edge-現代アートの先端"に出展しましました。


弊廊取扱い作家の清水陽子が、オーストリア・リンツでのArs Electronica 2016の招聘作家として
パフォーマンスを行いました。


ART NAGOYA 2016に出展しました。

2016.2.19(プレスリリース) 2.20/21 (一般公開)

出展作家:
仲野真人/ 小澄源太 / 太田祐司


2016.02.03 中日新聞に仲野真人個展が掲載されました。


the art fair +plus-ultra 2015に出展しました。

2015.12.22 - 12.24

出展作家:
鈴木智教 / 仲野真人 / 高橋大地


Art Fair Sapporo 2015に出展しました。

2015.11.21(プレスリリース) 11.22/23 (一般公開)

出展作家:
小澄源太 / 市川友章 / 藤倉翼 / 鈴木智教 / phenomena collection


ART FAIR ASIA / FUKUOKA 2015に出展しました。

2015.09.04(プレスリリース) 09.05/06 (一般公開)

開場:ソラリア西鉄ホテル11階
福岡市中央区天神2-2-43


ART NAGOYA 2015  於 ウェスティン名古屋キャッスル

2015.07.31(プレスリリース) 08.01/02 (一般公開)

出展作家:
田島大介 / 住田衣里 / phenomena collection/太田祐司 他


new city art fair

2015.03.05 - 03.08 New City Art Fair 2015に出展しました。

出展作家:
鈴木智教 / 前橋瞳 / 田島大介


2014.08.01 - 08.03 ART NAGOYA 2014に出展しました。

出展作家:
杉浦藍(立体)/ 鈴木智教(平面)/ 西井佑助(立体)/ phenomena collection(コンテンポラリージュエリー)
藤掛幸智(ガラス)/ 山内喬博(平面)

artist

Video archive : Yoko SHIMIZU Exhibition - Art Lab Series-

antiques

櫓時計(江戸後期)
size:525mm 230mm 215mm

江戸期の櫓時計だが、ボディ部分は鐘を入れても20cmに満たない、小型で大変珍しいもの。


 

キャリッジクロック(19世紀・フランス)
size:140mm 75mm 70mm

全面七宝の施されたボディが大変美しい。
この小ささで、リピータ機構(時報)がついていることが最大の特徴。


 

広東時計(清朝末期)
size:190mm 230mm 220mm

広東時計のこれほど小型のものは初見。
内部機構も大変すばらしく、美しい。


 

詳細はお電話かcontactより
お気軽にお問い合わせください。

買取希望の方はこちら

about

コンセプト、コンテクストをキーワードに、主に若手作家の展覧会企画および作品の展示販売を行っています。プライマリマーケットにおいて本当の意味で心を揺さぶる、溌溂とした感性と同時代性を備えた作品を常に発信しております。また、常設時はコンテポラリーアート作品とはいわば対極にあるといえる、日本および中国のものを中心としたオリエンタルアンティークも取り扱っており、時間と空間を越えたオルタナティブなスペースを目指します。


Concept and Context as a keyword, we deal art works of young artists and hold exhibition planning. We always transmit the artists who are with sensibility that is a lively and contemporaneity, and realy shake our hearts on the primary market.

ACCESS

LAD GALLERY(ラッドギャラリー)

451-0042
名古屋市西区那古野1-14-18
那古野ビル北館121号室

1-14-18 Nagono bld. 121room,
Nagono, Nishi-ku, Nagoya, Aichi

tel 052-485-9013

open 13:00 - 18:00
※金曜・土曜 19:00まで

contact

お名前

フリガナ

メール

お問合せ内容をお書き下さい


 ※未入力箇所がある場合は送信出来ません